コミュニティコム

株式会社コミュニティコム採用情報 自由な働き方ができるから、パパ・ママにも優しい職場 復業OK、起業したい方、経験を積みたい方、あなたの夢を応援します

さいたま市中学生職場体験事業「未来(みら)くるワーク体験」で中学生6人を受け入れました

さいたま市中学生職場体験事業「未来(みら)くるワーク体験」 とは

さいたま市立中・特別支援学校の生徒に勤労観、職業観をはぐくみ、学ぶことの意義を考える機会として実施されている、さいたま市中学生職場体験事業「未来(みら)くるワーク体験」。学生の皆さんは、さいたま市内の会社や施設で職場体験をしています。

株式会社コミュニティコムでも、2018年より中学生の受け入れを行っており、2018年は4人、今年2019年は6人の中学生が来てくれました!事前に1回打ち合わせのため来社していただき、実習期間は3日日。今年は12月10日~12日に行われました。

今年度 「未来(みら)くるワーク体験」の中学生

今年度は昨年に引き続き与野東中学校の1年生の男子生徒3人、女子生徒3人の合わせて6人を受け入れました。

ライター研修で「人形の東玉」を訪問する様子
株式会社東玉の戸塚会長にご説明いただきました。大人数にも関わらず快く取材を受け入れてくださり大変感謝しております。

株式会社コミュニティコムで実施している中学生向け職業体験内容

「未来(みら)くるワーク体験」 で実施する研修内容は、受け入れ先企業の業務ですので、受け入れ先により異なります。イオンなどのスーパーや、幼稚園、小学校へ行く学生もいます。株式会社コミュニティコムは「サービス業・IT業」のカテゴリーに入っており、今年弊社に体験に来てくれた学生の皆さんは「どんなことをするのかよく分からない」ものの、「これからの仕事!」「IT企業で何をするのか知りたい」と興味を持ってくれたとのことでした。

そんな中学生の期待に応えるべく、昨年度の研修内容をベースにしつつ、よりスムーズに、より分かりやすく、楽しく体験してもらえるように工夫しました。

株式会社コミュニティコムで今年行った研修は、
1日目:弊社デザイナーと一緒に「イラストレーターで名刺作り」
2日目:弊社ライターと行く「本物の取材体験」
3日目:弊社ライターと一緒に「ニュース記事を作成し、メディアに掲載する」
という内容で、普段業務で行っているものを実際に一緒に行うという「本物の職業体験」をしてもらいました。

株式会社コミュニティコムでは、オウンドメディアとして「株式会社コミュニティコム」「コミュニティコムショップ」「コワーキングスペース7F(ナナエフ)」「貸会議室6F(ロクエフ)」「シェアオフィス6F(ロクエフ)」、地域メディア媒体として「大宮経済新聞」「浦和経済新聞」を運営しています。

「大宮経済新聞」「浦和経済新聞」では、地域で開催されるイベント、新しくできるお店情報、季節の話題、地域で活躍する人などを記者が直接取材し、執筆、掲載しています。

今回の「未来(みら)くるワーク体験」の2日目・3日目には、大宮経済新聞の取材・記事執筆体験を主に体験していただきました。
実際に取材に行き、自ら情報を集め、インタビューして、記事を書くというメディアとしての最も基礎となる一連の業務を体験してもらうことにより、「地域メディア」を通じてのライター体験のほか、地域の経済活動を知り、地域へ興味を持ってもらうことにも繋がります。

また、取材時には1日目のデザイン研修で作成した名刺を使って自己紹介も行いました。社会人として基本的な挨拶の仕方、名刺の渡し方・受け取り方など、初めての体験が盛りだくさん。皆さん少し気恥しそうにしながらも、一生懸命がんばりました。

みらくるワーク東玉取材
株式会社東玉の戸塚会長が取材にご対応くださり丁寧に分かりやすい説明をしてくださいました。

中学生にとって、取材・インタビュー・写真撮影・記事執筆など初めての経験も多く、難しいこともあったかと思いますが、質問内容を一緒に考え、取材時も中学生が主に質問をして進めました。取材してきた後の取材メモを見せてもらうと、普段の私(記者歴5年)のメモよりもはるかにきれいな字で詳細に書かれていました!記事作成も、もちろんどんなことを書けばよいかなど、一緒に考えながらではありましたが、どの学生さんもしっかりとした記事を書いてくれました。

「未来(みら)くるワーク体験」 の中学生と一緒に書いた記事を掲載しました

「未来(みら)くるワーク体験」で学生さんが書いてくれた記事を新聞メディアとして適切な表記・表現に直し、掲載した記事がこちらになります。丁寧に取材したものをもとに書いてくれたので、実は大きな直しはありませんでした。素晴らしいです!

東玉の記事


岩槻・人形の東玉、今年の「変わりびな」発表 1位は「新元号 令和 即位雛」 (大宮経済新聞)
https://omiya.keizai.biz/headline/1362/

「未来(みら)くるワーク体験」 で来てくれた中学生の皆さん、良い経験になりましたでしょうか?私たちも楽しく学びのある3日間でした。どうもありがとうございました!

また、取材に快くご協力いただきました、人形の「東玉」さま、エキュート大宮さま、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

(Text: 大胡由紀)