2017年9月24日
  • 自社保有メディアのサイト運営によるインターネット広告事業・WordPressによるサイト制作事業・コワーキングスペース・シェアオフィス・貸会議室の運営事業を行っています。

コワーキングスペースの名前が決まりました。

こんにちは。株式会社コミュニティコムの星野邦敏です。

埼玉県さいたま市大宮駅東口に来月プレオープン、12月1日(土)に正式オープンをする、コワーキングスペースですが、
埼玉県さいたま市の大宮駅東口徒歩1分の所で、約65坪・215平米の広さで、コワーキングスペースを始めます。

昨日、業者の人がエアコンの取付工事などをしていました。

7F

図面なども決まりつつあります。

7F

こちらの図面が、昨日、2012年10月25日現在の最新版の図面です。
昨日の打ち合わせで、
「物置」と書かれているスペースは、固定ロッカーを置く場所に、
「ハイカウンター」と書かれているスペースは、机を窓に付けて、外を見て作業する形に、
なりそうです。上記の図面からその修正は入るかと思います。

先日の、
大宮のコワーキングスペース予定地に、事前に見学いただいて意見を言ってもらう会
で、色々とご意見を皆さんからいただきまして、現状の最新版の図面はこのようになっています。

そろそろ電気の配線系統に入らないと間に合わないとのことで、そろそろ図面もFIXしないといけないようです。

先日の意見を言ってもらう会で、畳の配置を隅にする意見が多かったのですが、その部分は、ミーティングブース&USTREAMやニコニコ動画などの配信スタジオ、ということで、透明のガラスなどで天井まで区切るスペースを想定していまして、すると、畳を隅に置くことが難しいようです。
畳も移動させようと思えば出来るらしいので、もしこの配置が不評なら、その後に空間を区切っている入口右の専用ブース内に移動かなーとか、いずれにしましても、基本、集中ブースの高さを上げる所以外は、可動は可能、ということで、あとは始まってから需要に応じて柔軟に変えていくようになるかもしれません。

さて、ここまで進めておいて、コワーキングスペースの名前が決まっていなかったのですが、昨日、電車の中でビルオーナーの栗原さんと話していて、コワーキングスペースの名前が決まりました。

コワーキングスペースの名前は、
7F
です。
office 7F
というのを正式名称と考えていますが、基本、「7F(ナナエフ)」と呼ばれるようにしていきたいです。

理由は、コワーキングスペースの場所が7階にあるから、7階ということで、7Fです。

また、コワーキングスペースでは、会員さんに住所や登記としても使ってもらえるようにして、郵送物の受取も可能にするということで、その点ではレンタルオフィスの機能も一部備えることとなります。

コワーキングスペース予定地の住所は、
〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-5 大宮銀座ビル7階
ですので、例えば、フリーランスの星野花子さんという会員さんがいたとして、

〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-5 大宮銀座ビル7階
星野花子
で、コワーキングスペースの名前を書かなくても郵送物は届くようにはなるはずです。
7階は1フロアで、このコワーキングスペースしかありませんし、郵便配達の方にも、そういう場所という認識をしてもらえれば、住所が合っていれば郵送物が届くように交渉することは可能でしょう。

しかしながら、もし丁寧にコワーキングスペース名まで住所として書こうとすると、
例えば、コワーキングスペースの名前が、「コミュニティコム」だったとしたら、

〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-5 大宮銀座ビル7階 コミュニティコム内
星野花子
となってしまいます。

もちろん、これでも問題がありませんが、なんと言いますか、いわゆる、コワーキングスペース内、レンタルオフィス内、というのが、名刺交換の時などに第一印象として一発で分かってしまう、ということで、関わっている相手企業などによっては、それを逆に面白いと思ってくれる相手企業も多いと思いますが、場合によっては、その人の対外的な活動として困る場合もあるかもしれません。

私自身も、サラリーマンをしつつ個人事業主を2年間、その後に法人化して起業してもうすぐ5年間、早いもので7年くらい自分が代表者として活動する中で、おそらくは数千人の人と名刺交換をしてきましたが、そういう住所の印象などは感じる人もいると思います。

具体的には、
〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-5 大宮銀座ビル7階 コワーキングスペースコミュニティコム2306番
星野花子
などとなったら、名刺を受け取った時点で、そこが住所を借りている私書箱ということが分かってしまうことでしょう。
もちろん、それは悪いことではありませんが、そういうことは話し込んだりした後に分かった方が取引などではスムーズなはずで、初対面の名刺交換時にパッと目に付く住所の第一印象から、上記のような住所をあえて主張することで得られるメリットはなかなか少ない気がします。

逆に、具体的には、
〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区(個人で活動している自宅の住所のため、詳細な住所は取引時にお知らせします。)
星野花子
などでは、やはり、関わっている相手企業などによっては、違和感を感じる企業もあるでしょう。
こういう場合にも、コワーキングスペースは、交流のスペースや作業のスペースとして以外にも、住所としての活動拠点として使ってもらえると考えています。

このようなことを考えますと、コワーキングスペースの名前が「7F」ですと、

〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-5 7F
星野花子
と書くこともできますし、

〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-5 大宮銀座ビル7F
星野花子
でも問題がありません。

コワーキングスペースの認知度が将来的に高まれば、そこに入っていること自体がブランドになれば、それがベストですが、それは時間が掛かるかもしれませんし、そのような時に、関わってくれる人の方で、住所を嘘にならない形で対応してもらえる、柔軟な名前として考えました。

そのようなわけでして、基本的には、コワーキングスペースですので、中での交流などが出来るというのが前提ではありますが、住所や登記としても使えることを考えると、「7F」という名前は良いかなーと思いまして、ビルオーナーの栗原さんと京浜東北線に乗っている時に話して、決まりました。

名前も決まったので、ドメインを取得して、WordPressでコワーキングスペースのWebサイトも立ち上げます。そちらも立ち上がりましたら、またご報告が出来るかと思います。

来月11月の今頃は、おそらく中に入っていただける形にはなっていると思いますので、埼玉県さいたま市の大宮駅東口のコワーキングスペース「7F」をよろしくお願い致します。