2017年12月12日
  • 自社保有メディアのサイト運営によるインターネット広告事業・WordPressによるサイト制作事業・コワーキングスペース・シェアオフィス・貸会議室の運営事業を行っています。

is_user_logged_in()関数を使うと、WordPressで会員制サイトを作った際のカスタマイズに便利。

こんにちは。株式会社コミュニティコム代表取締役の星野邦敏です。

2012年4月24日(火)の業務日記です。

今日も1日、オフィス内で制作の作業でした。

さて、今日は、WordPressで会員制サイトを作るような案件があり、Web制作をしていました。
WordPressで会員制サイトを作る場合に便利な関数としては、is_user_logged_in()関数があります。

関数リファレンス/is user logged in – WordPress Codex 日本語版

具体的には、WordPressのユーザーとしてログインをしている状態と、ログインしていない状態で、表示を変えることができます。会員制サイトの実装の場合、よく行いますよね。WordPressではとても簡単に実装ができます。

例えば、

<?php if( is_user_logged_in() ) : ?>
ココにログインしているユーザーに表示する情報を入力する
<?php else : ?>
ココにログインしていないユーザーに表示する情報を入力する
<?php endif; ?>

というように書きます。

ちなみに、これを応用して、ログインしているユーザーの名前を出したい場合は、以下のように書くことで実装ができます。

<?php if( is_user_logged_in() ) : ?>
ようこそ!<?php the_author_meta('last_name'); ?><?php the_author_meta('first_name'); ?>さん
<?php else : ?>
ようこそ!ゲストさん
<?php endif; ?>

さらに応用して、ユーザー情報を表示させることもできます。

それは、次の記事に書きます。

WordPressでは、The_author_metaというテンプレートタグを使うことで、登録しているユーザー情報を表示させます。

コメント一覧

WordPressで会員制サイト(SNS)をつくるには | CMSLab2012年12月29日 8:44 PM /

[...] is_user_logged_in()関数を使うと、WordPressで会員制サイトを作った際のカスタマイズに便利 クリップ 0! [...]

cibea2013年7月21日 4:28 PM /

is_user_logged_in()関数を使うと、WordPressで会員制サイトを作った際のカスタマイズに便利。 | 株式会社コミュニティコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA