2017年10月20日
  • 自社保有メディアのサイト運営によるインターネット広告事業・WordPressによるサイト制作事業・コワーキングスペース・シェアオフィス・貸会議室の運営事業を行っています。

WordPressでは、the_author_metaというテンプレートタグを使うことで、登録しているユーザー情報を表示させます。

こんにちは。株式会社コミュニティコム代表取締役の星野邦敏です。

2012年4月24日(火)の業務日記です。

前回の記事の続きです。

is_user_logged_in()関数を使うと、WordPressで会員制サイトを作った際のカスタマイズに便利。

ユーザー情報は、WordPressでは、the_author_metaというテンプレートタグを使います。

テンプレートタグ/the author meta – WordPress Codex 日本語版

the_author_meta関数には、多くのパラメーターが用意されていますので、表示させたいユーザー項目を変えることもできます。
なお、表示には、もちろん、ユーザーがその項目にデータを入力している必要があります。ユーザー登録時にそのフォームを作る必要があります。デフォルトでは、管理画面の「あなたのプロフィール」から閲覧や編集をすることができます。

パラメーターは以下の通りです。

user_login
ログイン名
user_pass
パスワード(通常は出さない方が良いかもですが)
user_nicename
ニックネーム
user_email
メールアドレス
user_url
ユーザーの運営サイトのURL
user_registered
ユーザーが登録された日
user_activation_key
アクティベーションキー
user_status
ユーザーステータス
display_name
表示名
nickname
ニックネーム
first_name
名前
last_name
苗字
description
プロフィール概要
jabber
Jabberというインスタントメッセージサービスのアカウント名
aim
AIMというインスタントメッセージサービスのアカウント名
yim
YahooIMというインスタントメッセージサービスのアカウント名
user_level
ユーザーの権限
user_firstname
名前
user_lastname
苗字
user_description
プロフィール概要
rich_editing
リッチエディタ
comment_shortcuts
コメントショートカット
admin_color
管理画面の選択している色
plugins_per_page
プラグイン数
plugins_last_view
最後に見たプラグイン名
ID
ユーザーID

このようなことを、WordPressテーマのsideber.phpに書くこと等で、会員制サイトを作ったりすることも可能です。

他には、イベントサイトで、参加申込をしている人の一覧を出すこともできます。

WordPressのイベントでは、
名古屋で行われた
WordBeach | WordPress Conference in Nagoya August 27, 2011 at 新舞子まなビレッジ南浜荘の下のユーザー一覧や、
鹿児島で行われる
参加者 | WordVolcano
などは、そのような書き方で、実装されているのでは?と思います。

TwitterのIDは、WordPressのデフォルトではありませんので、以下の方法で実装します。

テンプレートタグ/the author meta – WordPress Codex 日本語版 – 高度な使い方

プラグインを使ってユーザー登録時や管理画面から wp_usermeta(wp_ はデータベース接頭辞)に新しい値を追加することもできます。以下は、プラグインが meta_key のキーを “twitter” と設定し、その meta_value が “wrodpress” となっている場合の例です。

<p>投稿者の Twitter ID: <?php the_author_meta('twitter'); ?></p>

と書くと、

<p>投稿者の Twitter ID: wordpress</p>

のように表示されます。

このようにユーザーの登録情報を増やすこともできます。

そんなことをしていた、4月24日でした。