2017年8月17日
  • 自社保有メディアのサイト運営によるインターネット広告事業・WordPressによるサイト制作事業・コワーキングスペース・シェアオフィス・貸会議室の運営事業を行っています。

独自ドメインを取得していて、WebサイトはWordPressを使っているけれど、メールアドレスはGoogle Appsを使っている場合で、かつ、Contact Form 7プラグインでお問い合わせ先の宛先メールアドレスに、同一独自ドメインのメールアドレスを設定している場合は、SMTPの設定が必要となる時があるっぽい。

こんにちは。株式会社コミュニティコムの星野邦敏です。

さて、ブログのタイトル記事の通りなのですが、
独自ドメインを取得していて、WebサイトはWordPressを使っているけれど、メールアドレスはGoogle Appsを使っている場合で、かつ、Contact Form 7プラグインでお問い合わせ先の宛先メールアドレスに、同一独自ドメインのメールアドレスを設定している場合は、SMTPの設定が必要となる時があるっぽいです。

実は、そういうケースが、とある請負案件でありました。

でも、よくよく考えてみたら、この株式会社コミュニティコムの独自ドメイン(communitycom.jp)も、WebサイトはWordPressを使っていて、かつ、メールアドレスは有料版のGoogle Appsを使っているけれど、このようなSMTPの設定はしていません。ですので、何か別の状況や要因があるのかもしれません。

ということで、請負案件において、WordPress実装以外のことはしなかったので、細かい状況までは把握しなかったのですが、いずれにせよ、必ずしも必要となる、というわけではないようなのですが、

もし、Contact Form 7プラグインでお問い合わせメールフォームを作ってみて、その独自ドメインのメールアドレスにはメールが届かない、または、メールフォームの送信ボタンを押してもクルクルしてありがとうございましたメッセージが出ない、という場合には、その独自ドメインで、Google Appsを使っているかどうか、一度確認してみると良いでしょう。

さて、
独自ドメインを取得していて、WebサイトはWordPressを使っているけれど、メールアドレスはGoogle Appsを使っている場合で、かつ、Contact Form 7プラグインでお問い合わせ先の宛先メールアドレスに、同一独自ドメインのメールアドレスを設定している場合は、SMTPの設定が必要となる時があるっぽい場合の対応方法ですが、以下の2つのブログ記事に書かれていまして、同じように設定したら、解決しました。

Contact Form 7とGoogle Apps | webクリエイターのつぶやき
Contact Form 7からGoogle Appsで取得した独自ドメインのメールアドレスへの転送を実現する | blog | fublicbox

上の2つのブログ記事の通りなのですが、

(1)
「WP Mail SMTP」というプラグインをインストールして有効化する
WordPress › WP Mail SMTP « WordPress Plugins

(2)
管理画面の[設定 > メール]という場所ができるので、

SMTP設定
以下の設定は上記で「SMTP経由で送信する」を選択した場合のみ有効になります。

以下の箇所において、
———-
SMTP Host
smtp.gmail.com
SMTP Port
465
Encryption
SSLを使用する。
Authentication
はい: SMTP認証を使用します。
Username
Google Appsのメールアドレス
Password
Google Appsのパスワード
———-
と書きます。

ココで1点、気付くこととしては、Google Appsのメールアドレスとパスワードを入れさせる、ということは、自分で運営している場合には問題ないかもしれないですが、請負案件などでは、セキュリティ的なことや責任の所在の問題で、それを入れてもらえるか、という点もあるかもしれません。
まあ、そういう場合には、それまでに信頼関係を作っておく、というところでしょうか。それか、そもそも別の解決方法があるのかもしれません。

いずれにせよ、今回は、上記の方法にて、解決しました。

(追加)
宮澤さんから以下のようなつぶやきをいただきました。


独自ドメインのメールをGmailにしたら、お問い合わせフォームからのメールが届かない? – FE.labs
なるほどですね。ありがとうございます!

細谷さんからも以下のつぶやきをいただきました。