代表者挨拶 – 星野邦敏

私がWEB制作を始めたのは、先天性(生まれつき)の体の疾患を手術してリハビリをして治すために、入院したのがキッカケでした。
その時に、お見舞いに来てくれた大学時代の友人が、差し入れで、ホームページの入門の本を持ってきてくれて、「そんなに暇そうなら、ホームページでも作ったら?」と勧めてくれました。

当時は、手術後で、思うように体を動かせなかったのですが、インターネットを通じて自由に交流することができました。

初めは、作るホームページのネタも思いつかなかったので、自分の入院&リハビリ日記を作りました。
生まれて初めて作った自分の体の疾患に関するホームページは、同じ悩みを持つインターネットユーザーが集まるようになり、メールをいただいて、インターネット上でやり取りをしたり、実際にお会いすることもあり、交流や情報交換をすることができました。

医師の話では、私の体の疾患は、2万人に1人という発症率とのことで、同じ症状の人と実生活で偶然に知り合う機会は、まったくありませんでした。また、2万人に1人という体の疾患では、本や雑誌などの紙媒体の情報は、ほとんどありませんでした。
それが、インターネット上では、ニッチなテーマであっても、同じ関心を持つユーザーと交流や情報交換をすることができる、ということを実体験として、知りました。

私はインターネットを通じて、他の人のリハビリ方法や医師の情報をやり取りすることができました。インターネットは直接は体の疾患は治してくれませんが、間接的に情報を得たり交流を得て、元気をもらいました。

今は、体の疾患は完治していますが、その後も、自分の生まれて初めて作ったホームページを見て、私が手術を受けた医師を訪ねるために、千葉県にある病院に、北は北海道から、南は鹿児島県まで、患者が訪れるようになったと、その病院の人から聞いております。また、実際に当時の私と同じように情報が不足していて困っていた患者の人から、ホームページを通じて感謝の言葉をいただく機会も多くありました。

ホームページ作りは、その時は、趣味で、1円にもなりませんでしたが、入院やリハビリを通じて実感したインターネット上での経験が基となって、インターネットというメディア媒体に興味を持ちまして、その後も、趣味でホームページを作り続けてきました。

好きで続けてきたWEB制作が、その後に、自分がそれまで作り続け、自分で運営してきた複数のWEBサイトに、インターネット広告が付くようになり、スタッフも加わり、多くの方々と出会うことができ、現在は、法人化に至りました。
知識も経験も人脈も資金も無く、病院の一室で、ホームページの入門本を読んでいたことが、その約2年後には事業化でき、さらに2年後には法人化に繋がるとは、当時はまったく考えていませんでした。

もともとは、独学上がりで、IT系で働くことも、起業することも、考えたことの無かった私が、現在に至ることができたのは、良い出会いと良い経験を経ることができたからと思いますので、とても感謝しています。

インターネットは、大きなテーマはもちろん、ニッチな分野でも、必要としている人がいれば、コミュニティが成り立ちやすいツールだと思いますし、情報を発信しやすく、情報の収集もしやすいツールだと思います。
インターネットは、良い点・悪い点があると思いますが、社会的なインフラになりつつあると思いますので、これから将来、きっとより良い方向に進むと思っています。

このような時代に生まれたことを感謝しつつ、これからも、インターネットとWEBと仕事を通じまして、多くの良い出会いや良い経験をして、社会に対して貢献できる会社にしていければと考えております。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

株式会社コミュニティコム   
代表取締役 星野 邦敏