8-1 パスワードを変更しよう

パスワードを変更しよう

「WordPress(ワードプレス)超入門」は、WordPressテーマ&プラグイン販売 コミュニティコムショップが、WordPress初心者のためにホームページを開設するまでの手順をわかりやすく解説するシリーズです。

WordPress(ワードプレス)は世界中で利用されていてシェアが高く、オープンソースのソフトウェア(ソースコードが公開され、誰でも自由に利用できるツール)であることから、悪意のあるユーザーからの攻撃対象になりやすいという欠点もあります。

攻撃の種類はさまざまですが、中でも多いのが、管理者アカウントが第三者に乗っ取られてしまうというケースです。代表的な手法はブルートフォースアタックという総当たり攻撃で、手あたり次第に適当なパスワードを入力して管理者アカウントにログインしようとするものです。このような攻撃にあわないよう、ユーザー名やパスワードは簡易的なものを利用するのは避けるようにしましょう。

このレッスンではパスワードの変更方法の手順を紹介します。

プロフィールの編集画面を表示する

WordPress(ワードプレス)の管理画面にログインし、画面右上のニックネームにマウスポインターを合わせ、表示された「プロフィールを編集」をクリックします。WordPress(ワードプレス)管理画面へのログイン方法については「WordPress(ワードプレス)の管理画面にログインしよう」を 参照してください。

プロフィールを編集をクリック

新しいパスワードを生成する

プロフィールの編集画面が表示されました。画面を下にスクロールして「パスワードを生成する」をクリックします。

パスワードを生成するをクリック

自動的に不規則な英数字と記号で生成されたパスワードが表示されますので、メモをするなどして控え「プロフィールを更新」をクリックします。
もちろん、任意のパスワードを作成することも可能です。入力欄に文字を入力すると、そのパスワードの強度を教えてくれるインジケーターが表示されるので、参考にしながら強力なパスワードを設定し、「プロフィールを更新」をクリックします。

新しいパスワードを生成する

設定するパスワードを間違えてしまったときは?

もし、新しく設定したパスワードを控える前に「プロフィールを更新」をクリックしてしまったとしても大丈夫。WordPress(ワードプレス)からログアウトする前であれば、再度「パスワードを生成する」をクリックすれば改めてパスワードを設定することができます。もしログアウトしてしまった場合はログイン画面に表示される「パスワードをお忘れですか?」をクリックして、画面の案内に従って再設定をおこないましょう。

パスワードをお忘れですか?をクリック

まとめ~パスワードの変更は定期的に~

パスワードは初期設定から変更することはもちろんですが、定期的に変更することをおすすめします。同時に、設定するパスワードは12けた以上の強力なものを設定することで、ブルートフォースアタックの予防につながります。

悪意のあるユーザーからの攻撃にあうと、ホームページに訪れた人の個人情報の漏えいなど、被害が運営側以外にも拡大してしまうこともあります適切なパスワードの設定をおこなって、ホームページのセキュリティを高めましょう

WordPress(ワードプレス)テーマ&プラグイン販売 コミュニティコムショップでは、弁護士・法律事務所・士業向け WordPress テーマや、歯科医院・歯医者さん向け WordPress テーマなど、 ご購入から30日間の無料サポート付きWordPressテーマを販売しています。もちろん新エディター「Gutenberg(グーテンベルク)」対応です。
>> コミュニティコムショップのWordPressテーマ一覧

また、テーマをご購入いただいたお客様に向けて、テーマに関する単発または継続的なサポートプランもご用意しております。
>> コミュニティコムショップのサポートサービス一覧